マンション経営を支援してくれる安心サポート|ギブコムに任せる経営

物件ごとに収益性も異なる

集合住宅

新築と中古の違いとは

仮にアパートを投資物件として運用する場合、新築と中古の物件のどちらで運用をするかという問題に突き当たります。新築と中古のアパートにはそれぞれメリットとデメリットが存在しています。例えば新築のアパートの場合は、高い賃料であっても入居者が入りやすい点や、担保力が高い点などがメリットになります。一方で必要となる資金が高騰するのがデメリットです。中古アパートの場合は初期投資費用を抑えられ、高利回りである点がメリットですが、一方で入居者が賃料を引き下げても現れにくいリスクを抱えます。このようにアパートの投資物件といっても、新築と中古ではそれぞれメリットとデメリットが異なるので、投資前にアパート経営についてよく把握しておく必要があります。

経営内容と投資の性格

不動産投資のための投資物件にはアパートがあります。マンションや駐車場経営などとは違った特徴が多くあるので、どういった経営内容で投資の性格を有するかを知ることが重要です。アパート経営は、そのオーナーとして各部屋を入居者に貸し出すことで毎月賃料を得る性格の投資物件です。このため収益性という面では非常に安定している投資物件となります。物件の値上がりなどを期待して運用するのではなく、あくまで賃料収入というインカムゲインを重視した投資である点が大きな特徴です。基本的に土地を担保に入れて銀行から融資を受けた上で、物件を購入するケースが多く、少額資金から始めることができます。一方でアパートは一棟買いとなるケースが圧倒的に多いので、借入金自体は高額になりやすい点があります。